株式会社北斗不動産ホールディングス株式会社北斗不動産ホールディングス

  • 電話
  • メニュー

協力専門家のご紹介

不動産に関わる問題解決のため
ご協力いただいている専門家の方々をご紹介いたします。

有限会社伸栄建設

新井 伸也

新井 伸也 あらい しんや

専門領域:
建築業
注力分野:
  • 土木工事
公共工事から個人宅まで、
費用や工期を抑える工事方法の工夫、
行政との折衝力に自信があります。

有限会社伸栄建設

電話番号
04-2947-8933
埼玉県所沢市三ヶ島4-2321-3
受付時間
8:00~17:00
日曜祭日

有限会社伸栄建設

自己紹介

土木会社勤務を経て、1995年に創業、2000年に法人を設立しました。現在は1級土木施工管理技士、監理技術者などの資格保有者を含む社員7名で、土木工事を承っております。

道路舗装や川の護岸工事などの公共事業から、民間の造成工事、個人宅の外構工事まで幅広く対応しております。自社のある埼玉県所沢市と東京都などの上水工事指定店ですので、水道施設工事も安心してお任せください。

埼玉県所沢市三ヶ島で生まれ育ち、この地を愛して、ここで創業しました。事務所に隣接したログハウスには、大きな薪ストーブやピザ釜を設置しており、材料さえご用意いただければ、ピザの焼き方などもお教えいたします。地域の賑わいを創る場所として、三ヶ島だけでなく、他地域の方にもご活用いただければ幸いです。

有限会社伸栄建設

注力分野/特徴

土木工事

安全で信頼性の高い工事を確実に実施する管理力はもちろん、積み重ねてきた経験と知識により、いただいた図面や周辺情報から工事の適切性を判断し、より良い施工方法をご提案する力も強みです。工事の結果はそのままに、なるべく工期とコストを抑える工夫をします。

また、土木工事では行政の許可が必要とされる場面が多々ありますが、長年この地域で公共工事も請け負っておりおり 、折衝力にも自信があります。

許可の必要な工事にも柔軟に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

こんなお悩みありませんか?
  • 宅地造成に関する許認可と工事について相談したい
  • 家の前の道路から玄関まで、車椅子で楽に移動できるようにしたい

相談事例

実際にあった事例をご紹介します。
気になる事例をクリックすると、詳細を閲覧する事ができます。

河川工事
大切な樹を残して護岸工事したい
詳細を見る

相談前

川の護岸をしたいが、地域で大切にしている樹が岸辺に生えている。それを残して工事したい。また、できるだけ景観を損なわないような方法を採りたい。

相談後

現地を確認したところ、川が蛇行しているところに覆いかぶさるように、その樹が育っていました。それを残すためには曲線状の護岸を造る必要があり、通常のコンクリートの護岸では費用も工期もかなりかかってしまいます。

景観を損なわず、できれば自然の素材を使いたいとのご要望もありましたので、連柴(れんさい)柵工をご提案しました。

連柴とは、粘性の強い樹木の真っ直ぐな細い枝を、同じ高さと幅に金属線で束ねたものです。連柴と木杭、柳の枝を組み合わせて土留めとする工法を連柴柵工と言います。樹木を素材としているので景観に馴染むのに加え、水辺の環境保護にも役立ち、様々なところで利用されています。

工事終了後、「景観を損なわず、周辺住民からも好評」ということで、他所の護岸工事にも連柴柵工を採用されました。

専門家からのコメント
新井 伸也
近年は河川環境の保全が重視され、国土交通省も河川管理の基本方針を「河川が本来有している生物の生育・成育・繁殖環境および多様な河川景観を保全・創出すること」と定めています。当社では豊富な知識と経験に基づき、様々な護岸工事方法から、河川環境の保全を踏まえ、ご要望に適した方法をご提案します。

擁壁工事
建て替えのために整地して下水を引き込みたい
詳細を見る

相談前

家を建て替えたい。整地して下水を引き込むために、かなり費用がかかると言われた。できるだけ費用を抑えたい。

相談後

お話をうかがったところ、前面道路から下水を引き込もうとしておられました。敷地は前面道路側から奥に向かって下がる傾斜地なので、前面道路から下水を引き込むためには、土地全体を前面道路の高さに合わせて盛り土し、裏側に高い擁壁を造る必要がありました。

現地周辺を調べたところ、敷地の裏側に細い農道のような路があり、側道にも下水管が通っていることがわかりました。そちらから下水を引けば、低い擁壁で済み、費用はかなり抑えられます。

相談者様にご提案したところ、大変喜んでいただけました。


専門家からのコメント
新井 伸也
擁壁工事はもちろん、水道施設工事も得意としております。敷地と周辺の状況、ご相談者様のご要望に応じて、色々なご提案が可能です。

水道施設工事には行政の許可が必要なケースが多くありますが、折衝力にも自信がございますので、安心してお任せください。


外構工事
戸建てのリノベーションに合わせ、外周りも整備したい
詳細を見る

相談前

親が車椅子を使うようになったので、実家をバリアフリーにリノベーションする。門やガレージから玄関までも車椅子で移動できるようにしたい。

相談後

現地を拝見したところ、門から玄関までは、植栽の間に砂利と飛び石で細い通路が敷かれていました。植栽スペースを解体して通路を広げ、砂利と敷石を撤去。雨に濡れても滑らない床素材を使用して、アプローチを整えました。床素材の暖色系の色も温かみがあって良いと大変喜んでいただけました。

専門家からのコメント
新井 伸也
今回は外構工事のみでしたが、擁壁工事と併せてご依頼いただくことも多いです。最近は、空き家の利活用に伴うリノベーションに関連した案件も増えております。

不動産に関すること。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ04-2925-9495
受付時間 10:00~17:00(日・祝 定休)

不動産に関すること。お気軽にご相談ください。 不動産に関すること。お気軽にご相談ください。
TOP